リトミック・造形教室

 当園では日常生活や行事の保育に加え、子どもたちの発達を促すため、3歳児から5歳児まで、「天野式リトミック」と「造形教室」を取り入れています。

天野式リトミック
【天野式リトミック】

 リトミックとは、ピアノによる伴奏に合わせてクラス全員で行なう反応教育です。リズミカルな心と身体をつくり、大きく豊かな人間へ成長するための基礎能力を育てます。継続して行なうことで次のような指導効果があります。

  • 注意集中力が身につく。
  • 直感力、記憶力、思考力、判断力が身につく。
  • リズム能力が高められる。

 毎月1回外部講師の指導を受け、日々の保育の中では継続的に研修を積んでいる担任が指導します。
 運動会での披露と、年に1度保護者の方にご覧頂く「リトミック参観」があります。

【造形教室】
【造形教室】

 毎週木曜日の午前中に造形教室を行なっています。
 幼児が絵を描くのは、やりたいという意思の力が働くためです。形を上手に描く、作るということだけにとらわれず、素材で遊ぶ気持ちを交えながらたくさんの創作経験をすることを目標としています。
 個々の創造力を伸ばすよう、できるだけ画一的な作品にならないように指導します。また作品の完成度をみるのではなくその過程を大切にしています。
 造形教室は、外部の美術指導専門の講師が行ないます。